名古屋は訪問看護が多くなっています

現在、社会において、介護の問題は切実です。
介護施設が足りないというのもありますが、介護職員の数が少ないというのもあります。
特に、介護福祉士の数が少ないです。

介護施設の数が少ない介護ですから、自宅で介護をする人が多いです。
特に、大都会で多くなっています。
東京や大阪では訪問看護が増えてきています。
名古屋も訪問看護を頼む人は多いです。
名古屋も、東京や大阪のように高齢者が多い都市ですからね。
これからは訪問看護の重要性が増すでしょうね。
でも、訪問看護には危険性があります。
自宅での看護ですから、危険でないという事はありません。
毎日、ヘルパーが来るわけではないです。
毎日、ホームヘルパーが来ていたのではお金がいくらあっても足りません。
介護はお金の問題ではないですけど、お金がないと満足できる介護を受けられないのも事実です。
介護はとても大事です。
施設に入れないで家族で介護をする人が増えています。
施設に入れないというのもありますが、施設に入れたくないという人もたくさんいます。

これから今以上に高齢者が増えますから、訪問看護の重要性は増すでしょうね。
今でも介護施設が足らないぐらいですからね。
名古屋の訪問看護も今以上に多くなっていく事でしょう。