知らないほうが良かった

世の中には知らないほうが良かったと思うとき、結構ありますね

実は今日あったんです

私のしている仕事、今ちょっと暇なんです

仕事仲間と今後どうなるんだろうなんてよく話しているくらいなんです

会社員ではないから月給じゃないし、仕事をしてその歩合をもらっているんです

だから暇だと生活に直結するんです

だけど暇だといっていた仲間が仕事をしているのを見てしまったんです

今まで言っていたことは一体何?自分の仕事はしっかり確保してるじゃない!

その人は仕事を割り振っている立場の人、私の売り上げが少ないことも知っているはずなんです

もちろん何らかの事情もあるだろうし、他の人の売り上げという問題もあるのかもしれません

でも一言あってもよかったのではないでしょうか?

隠しておきたかったのだろうけど、見た方としてはあまりにもショック

信用していたけれど、これで一気に不信感が募りました

かといって「なんやねん」とすぐに言ったら後々にも響くはず

ここは耐えるしかないのでしょうか?

社会人になりたての頃はとにかく身だしなみというものが気になりますがそれほど良い物はやっぱり着れませんよね

でも頑張って社内での地位も上がり信用も得てくるとやっぱり身だしなみというものは大切になってきます

その中でスーツもそうなんですが、かっこよく決める時はやっぱり靴

この靴のお薦めはやっぱりオールデン コードバンです!靴を見ればその人のセンスが分かるというものですね

ここはネット販売だけど、なんと安心なことに「無料サイズ交換保証」というものが有るんです

せっかく買ったのに自分の足のサイズに合わなかったら交換してくれるんですね

高い買い物だけに満足のいく一足がきっと得られますよ